レビュー

STAUB ココット ラウンド 20㎝

こんにちは、てこです!

これまで、ラ・ココット de GOHANをご紹介していましたが、とうとう!2台目のSTAUBが我が家にやってきました!

ココット ラウンド 20㎝を選んだ理由

STAUBには、さまざまな種類があります。

円形のラウンドと楕円形のオーバル、ラウンドのうち底が浅めのシャローとさらに浅いブレイザー。

これまで使っていたラ・ココット de GOHANはワナベというシリーズです。

それぞれに特徴があるのですが、今回は定番のココットラウンドに!

炊飯や煮物、なんと揚げ物にまで!オールマイティーに使えると思ったのがその理由。

形が決まると、今度はサイズ選びなのですが…これは本当に悩みました!

10㎝から2㎝刻みでサイズ展開があるのですが、20㎝・22㎝・24㎝で悩む(-“-)

参考までに、公式サイトで紹介されている最適炊飯量をご紹介します。

サイズ(㎝) 最適炊飯量
20 2~3合
22 3~4合
24 4~5合
ココハンM 1~2合

ココハンMのサイズ感を頼りに、サイズ選びをしました。

初めてのSTAUB購入を考えている方は、実際にお店で確認するとよいと思います。

考えに考え、今回は20㎝を選択!

シチューやカレーを作る時、8~10皿分を作るためには小さいかと思いましたが、2人分のおかずや作り置きをするのによいサイズだと思いました。

これから実際に使ってみて、てこの感じたサイズ感をご紹介したいと思います。

 

日本正規品を注文したので、取り扱い説明書が日本語でした。

てこ
てこ
今回も色はグレーに!

お料理する前に!まずはシーズニング!

STAUBを購入したら、まず最初にやらなくてはならないのがシーズニング(ならし)

せっかくのSTAUB、長く大切に使うためにとっても重要なこの作業。

手順をご紹介します。

購入したSTAUBにキズなどがないことを確認したら、すべてのシールをはがして、スポンジと中性洗剤で洗います。

布巾で拭いて、乾かします。

シーズニングにはオリーブオイルやサラダ油など、植物性の油を使います。

キッチンペーパーに油を付けて、鍋全体になじませます。

弱火(IHの10段階で2~3)で5分くらい火にかけます。

火を止めたら、そのまま冷めるまで待ちましょう。

冷めると、なじまなかった余分な油が浮いてくるので、きれいにふき取ります。

最初なので、この作業を2回行いました!

ついでにラ・ココット de GOHANもシーズニング。

お米を炊く専用になっているので定期的に行っています。

てこ
てこ
しっかりお手入れして、長く使いたい!

実際に使ってみよう!

シーズニングも無事終了したので、さっそく使ってみました!

1番簡単な蒸し野菜!

小松菜をよく洗い、食べやすい長さに切って。

ゆでずに蒸すので、お水を沸かす必要がありません!

節水、時短にも!

鶏ひき肉とカボチャの煮物も、お醤油とみりんを入れるだけ。

あとはカボチャから出る水分でしっかり火が通っています!

取り出した後の写真でごめんなさい、ピーマンの肉詰め。

こちらもお酒を入れて蒸し焼きにしました!ふっくらおいしそうに焼けました( *´艸`)

さあ、たくさん使うぞ!

まずは簡単な料理で使ってみましたが、これからいろいろなSTAUB料理に挑戦したいと思います!

お正月に向け、黒豆も煮れたらいいな~、栗きんとんのサツマイモを蒸すのにもいいかも!

揚げ物にも使えるようなので、挑戦したいし、パンやケーキも焼けるらしい!!

ワクワクが止まらない( *´艸`)

たくさんお料理して、サイズ感、使い心地をレポートしたいと思います!

てこ
てこ
こうご期待!