ホットクック

ホットクックでホットくクッキング! | 牛丼

こんにちは、てこです!

今日はホットクックで作った牛丼の作り方をご紹介します。

ホットクックに付属のメニュー集にも『どんぶりの具&冷凍ご飯』の同時調理のレシピが掲載されていましたが、自己流で作ってみましたよ。

てこ
てこ
ホットクックは調理の自由度が高いのも大きな魅力!

ホットクックで作る牛丼 | 材料と下準備

材料(2人分)

牛肉 200~250g

玉ねぎ 1/2個

―調味料ー

水 30㏄

きび砂糖、みりん 各大さじ1

酒、醤油 各大さじ2

ごはん お好みの量で2人分

下準備

牛肉は食べやすい大きさに切っておく。

玉ねぎは繊維に沿ったスライスまたはくし切りにする。

てこ
てこ
玉ねぎの存在を残したい場合はくし切りがおすすめです。

ホットクックで作る牛丼 | 作り方

材料も少ないので、準備も簡単。牛肉も冷凍してあるものでもそのまま入れて調理することができます!

調理するときのポイント!

水分の出やすいものを下に入れる!

内鍋に材料を入れる際、野菜など調理中に水分が出やすい材料を下に入れるようにしましょう。

今回だと玉ねぎです。

ホットクックで何度か調理をしていて、付属のメニュー集を見ていると材料を入れる順番を指定しているレシピが多くありました。

ホットクック1.0Lサイズの場合、フッ素加工がされているので材料がこびりついたり焦げ付く心配はなさそうですが、少ない水分で調理をする場合は材料を入れる順番も重要なようです。

野菜→肉や魚の順番が基本です。

作り方

ポイントをおさえたら、もう完成したも同然!

内鍋に玉ねぎ→牛肉の順に材料を入れ、調味料を入れる。

ホットクックに材料を入れた内鍋とまぜ技ユニットをセットする。

スマホで専用アプリCOCORO KITCHENから牛肉のしぐれ煮を検索し、ホットクックへ送信する。

ホットクック本体のダウンロードメニューから牛肉のしぐれ煮を選択し、スタートボタンを押す。

約30分で出来上がります!

この30分があれば付け合わせや汁物を作って、片付けまでしても時間が余りますね!

約30分後、こんな感じに出来上がりました!

もう少し汁気をなくしたい場合や加熱したい場合でも、加熱の延長が可能です。

お好みで卵の黄身をのせたり、紅ショウガを添えてもいいですね。

ホットクックには保温機能もあり、出来上がってから保温をしておくこともできますが、てこがよく使っているのは『あたためなおし』の機能

てこすけから「これから帰るよ」の連絡をもらってからあたためなおしをしておけば出来立て同様のお料理を出すことができます!

IHと違って、煮立たせてしまうことなく温めなおすことができるのでとっても便利です!

てこ
てこ
年末年始のお昼ご飯にホットクックが大活躍してくれました!

 

 
シャープ ヘルシオ ホットクック 1.0L 無水鍋 自動調理 無線LAN対応 ブラック KN-HW10E-B